法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク.com】で検索。

*

法人融資 即日借入ならノンバンクで運転資金調達

経営者にとって会社を維持存続させ、さらには業績を向上させるには、資金調達をどのように行うかがポイントになってきます。ましてや消費税が8%に増税され、今後もさらなる増税の可能性があるのではないかとも予想されるこの時期に、円滑な資金繰りを行うためには、資金調達をどのように行うかが重要な鍵になります。

資金調達というと一般的には融資という形で金融機関からの借入がイメージされますが、大手銀行の融資となると運転資金の融資のハードルが高くなる傾向にあります。

こうした実情を踏まえると、中小零細企業や小規模事業の経営者は大手銀行からの融資よりも地方銀行や信用金庫への借入が一般的となってしまい、金融機関以外からの資金調達を行った方が確率的には高いという現実があります。

※当サイトは「法人融資のノンバンク」を探してアクセスしてくる方が多いので、そのニーズを満たすために、
まず最初に「法人向けノンバンク融資」を紹介しておきますね。

法人向け融資に強みのあるノンバンク・ビジネスローン3選

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも、買取金額枠の大きさと、誠実・安心さで一歩リードしているのが「資金調達プロ」です。

 

大手企業のような経営基盤がある企業と中小零細企業や小規模事業主とは、資金調達の環境が根本的に異なります。経営基盤が小さければ小さいほど、なお一層、資金調達が速やかに行える資金繰りや運転資金借入可能といった環境を作っておかなければならない時代になっているのです。

「運転資金」という言葉の意味を理解した上で、銀行の担当者に「どのくらいの運転資金が必要なのか」を説明できることが、速やかな融資を受けるためのポイントです。
運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急>より引用

このサイトでは、経営基盤が盤石な大手企業などとは対照的な小さい経営基盤でも頑張っている経営者や事業家の人向けのコンテンツの構成になっています。中小零細企業や小規模事業者でも一企業であることには変わりなく、大企業同様のしっかりとした資金繰りが必要になりますが、その対策を日頃からしっかりと行っている経営者は少ない傾向にあります。

そうした経営者のためにもし、万が一資金繰りがショートしそうになった場合、どんな行動を取れば良いのか、また銀行から運転資金の融資を断られたらどうすればいいのか、金融機関からの借入以外に資金調達の方法はないのかというように「いざという時」に必要な知識から普段から行っておくこと、そして経営者としての観点まで網羅しています。

小規模事業者でも元気な会社を作るために、こうした予備知識を備えつつ、本業に勤しんでいただければと思います。

運転資金の融資、借入、資金調達、資金繰り 30項目

資金繰り復旧の手順
・出費・支出を最小限に抑える
・金融機関に連絡を入れる
・資金繰りを見直す
・売掛金のチェックをする
・支払のテクニック
・復旧計画を立てる

資金調達の優先順位
日本政策金融公庫から資金調達する
制度融資から資金調達する
銀行から資金調達する
信用金庫から資金調達する
ノンバンクから資金調達する
知人や親戚から資金調達する

運転資金申し込みの手順
・必要書類の作り方~申し込み
・資金繰り表を作ろう
・会社案内を作ろう
・事業計画書を作ろう
・経営改善計画書を作ろう
・融資申込書を作ろう
・融資までの日数を把握する

資金繰りのノウハウ
・資金繰りの前の必須の日常業務
・資金繰りのための月次決算をしよう
・資金繰りのための経費の見直しをしよう
・資金繰りは社長の仕事
・集客と資金繰りの関係
・お金の原理原則を知ろう

健全なビジネスと借金の関係
・日本企業の借金
・金融機関との付き合い方
・経営計画を立てる
・借金は悪か?
・経営者が持つべき観点

日本政策金融公庫から資金調達する

中小・零細企業や個人事業主といった小規模事業者にとって、資金繰りを安定させるための資金調達をする場合、銀行や信用金庫などの金融機関へ借入の 申し込みをするのが一般的と思われていますが、こうした民間企業の金融機関へ向かう前に、日本政策金融公庫へ相談に行ってみましょう。優先順位としては、 民間金融機関よりも先に相談に行くべきです。

日本政策金融公庫は、かつて国民生活金融公庫という名称の公的金融機関でした。政府が全額出資してできた公的な金融機関で法人から個人までの事業に関する融資や教育ローンなども受け付けている金融機関です。

運転資金の融資を考えた時、「融資といえば銀行などの金融機関」と発想してしまう経営者の人は、意外といるものです。しかし、日本政策金融公庫などの公的な金融機関から借入を申し込んだ方が、民間の金融機関と比較して資金調達の範囲に幅があることは確かです。

もちろん借入金額や条件にもよりますが、良識の範囲での融資に対しては、積極的に行わなければならない使命がこの金融機関にはあります。

また、地元の商工会議所などへ入会することで、日本政策金融公庫の紹介を受けやすくしてくれるケースがあります。商工会議所からの資金繰りや経営指 導を受けたり、法律相談を受けたりすることもできるので、もし経営者として日が浅く、経営の勉強や情報交換などをしたい要望があれば、こうした商工会議所 経由での運転資金の融資を申し込めるルートもあります。

制度融資から資金調達する

特に小規模事業者が運転資金の融資や資金調達をする際には、金融機関へ借入の申し込むことが一般的だと思います。ただ、金融機関の融資には大きく分けて二種類あることをご存知でしょうか?

一つはプロパー融資と言い、銀行の持っているお金を銀行の保証で融資するという金融商品のことです。そしてもう一つは、都道府県もしくは市がそれぞ れ管轄している保証協会付き融資というもので、借入をする際に信用保証協会という外部機関の保証を受けて借入を起こすというものです。

かつては、プロパー融資は大変ハードルが高いものでしたが、近年はビジネスローンなどの商品を銀行や信用金庫の金融各社が提供するようになりました が、多くの事業経営者は、後者の信用保証協会付きの融資で運転資金の融資を受けるのが一般的であり、また一定のまとまった金額を申し込むとしたらこの保証 協会付きの融資を申し込むと良いでしょう。

この融資は、法人の資金繰り安定から設備資金調達まで、様々な用途に応じた融資商品を扱っているのが特徴です。銀行や信用金庫の金融機関の窓口で申し込みを受け付けているので口座を持っている金融機関の窓口に問い合わせてみると良いでしょう。

また、保証協会付きの融資商品は、利息も低めに設定される傾向もあるので大きな資金調達が必要な事業を営んでいる会社には力強い味方になります。た だし、金融機関と保証協会の二つの審査があるので、資金繰り表をはじめとした経営計画はしっかりと説明できる準備をして借入申し込みに臨みましょう。

銀行から資金調達する

経営者や事業者の資金調達の優先順位として後方に位置するのは、銀行からの資金調達になります。

運転資金の融資というものは、金融機関とどれだけの信頼関係が築けているかに比例してしまいます。つまり、どれだけの取引実績や預金残高がその銀行 とあるかで銀行側は融資先をランク付けするのが実情なのです。その背景として、銀行には大手から地方銀行までと事業規模や社風が明確に分けられており、そ の社風に適合した取引先と付き合いたいという方針が銀行側にあるからです。よって、どんなお客様にも進んで資金調達や資金繰りのお手伝いをしますというス タンスには立っていません。

こうしたことから銀行の場合、借入の際の審査も高く厚い壁が待ち受けている場合があります。

とは言うものの、先述の通り銀行には様々なカラーがあります。銀行経由で制度融資を活用し、業績を順調に上げていくことで取引実績を積んでいき、その後の事業拡大に二人三脚で進んで行くということも視野に入れて経営を進めていくということも十分に可能です。

年商や事業規模、どんな業種を営んでいるかにもよりますが、もし銀行へ運転資金の融資や借入を申し込むのでしたら、接点のある銀行から当たってみま しょう。新規取引であるならば地元にある地方銀行であったり、知人やビジネスパートナーの紹介の銀行であったり、取引先の社長のコネクションの銀行など接 点があればあるほど信用というものを武器に資金調達への道が近くなっていきます。

事前準備をしておけば2つの方法であれば法人でも銀行から即日融資を受けることができます。
しかし、これらの準備をしていない法人が銀行から即日融資を受けることは不可能です。
法人融資即日は可能?銀行借入金申込とノンバンクの融資実行スピード
より引用

上に出てくる2つの方法の内容は、上記の引用元ページに↑詳しく書いてありますよ。

信用金庫から資金調達する

地元密着型の金融機関と言えば、信用金庫がその代表格になります。そもそも信用金庫発足の経緯は、地元の小規模事業者が円滑な経営を進めることがで き、地域経済の活性化を目的として設立されたという企業使命があります。そのため、中小・零細企業や個人事業主の運転資金の融資には特に積極的になるよう 行政指導があるほどです。

しかしその一方で、都市銀行などのメガバンクなどと比較すると資金力についてどうしても限界点が低くなってしまうので事業資金の借入や資金調達につ いては、制度融資を紹介される傾向にあります。逆に、そうした背景があるので資金繰りの相談などには積極的に乗ってもらえる傾向にあります。

もちろん、信用金庫が大手銀行などより審査が甘いということではありません。しっかりとした経営計画や資金繰りありきの融資申し込みであることは大 原則です。ただ、中小・零細企業や個人事業主などの小規模事業者だと、いくら大手銀行の口座を持っていたとしても資金調達を積極的に支援する姿勢を見せな いことがあります。しかし、大手銀行が断っても信用金庫は対応するということはよくあるのです。

資金調達や運転資金の融資、資金調達を行うとしたら、大手銀行よりも先に信用金庫へ当たってみた方が可能性は高いと言えるでしょう。

また、相談をするだけでも大きな情報収集にはなります。自社の場合には一体どんな資金調達手段があるのかを専門家の金融マンに直接聞いてみて、最新の情報を手に入れることができます。

ノンバンクから資金調達する

中小・零細企業の社長や個人事業主、小規模事業者にとって、資金繰りや資金調達はウィークポイントになりやすい業務です。また、売掛金の回収なども不測の際にはどうしてもシワ寄せというものに翻弄されてしまい、資金ショートや思わぬ資金繰り難は、日常的に起こるものです。

こうした不測の事態が重なってしまうと、黒字でも倒産の憂き目に遭ってしまうことやたった10万円が足りずに取引先や従業員へ迷惑をかけてしまうことがあります。

これは事業を行った事がある人でなければ分からない悩みでもありますが、こうした際の運転資金の融資には、ノンバンクから借入を選択肢の中に入れるのも決して悪い手段ではありません。

かつて、サラ金やヤミ金の問題が噴出・横行していた時代には、「ノンバンクは悪」という偏見がありました。実際、年利が常識外の利率で、資金繰りを 円滑にするつもりが逆に悪化させてしまうということもありました。しかし、現在は法整備も整い、またノンバンクも事業系融資に対して積極的に支援している ので大いに活用すべきなのです。

特に資金繰りがしっかりとしていたにもかかわらず、たまたま短期間の資金繰りショートが起きてしまった場合などには、銀行や信用金庫などの金融機関では資金調達までに時間が足りない時があります。そうした際、融資実行までの時間が短いノンバンクは大いに活用できます。

また、ノンバンクにはカードローンや短期間の融資ならば利息ゼロという商品も提供しています。通常の融資商品は利息が高めですが、短期間で計画的な運転資金の融資でしたら効果的な選択肢になります。

もっと詳しくノンバンクの融資を知りたい方へ↓
ノンバンクからの融資・借入・資金調達・資金繰り 30項目

知人や親戚から資金調達する

例えば、中小・零細企業や個人事業主などの経営者が、資金繰り改善のために運転資金の融資を受けようと銀行へ借入を起こすとなると審査などのハードルがどうしても高くなる傾向があります。また、取引高や残高の金額によって相談にも応じてもらえない場合もあるのが現実です。

ただでさえ経営基盤が小さい小規模事業者の場合、金融機関から資金調達をする優先順位を間違えてしまうと無駄な動きをしてしまい、時間ばかりを浪費させてしまうことになります。

そこで小規模事業者の資金調達を考えた時、特に大事になってくるのが、資金調達の優先順位です。

中小・零細企業や個人事業主の場合、運転資金の融資や借入をするとしたら、まず家族や親戚、知人や友人などの近親者に相談してみましょう。家族や親 戚の場合、先方の家計まで脅かすような借入が必要だとしたら金融機関からの借入に切り替えなければなりませんが、そうした多額の資金調達でなければ、金融 機関より先に近親者からの資金調達を考えてみましょう。もちろん、金銭消費貸借契約書や借用書などの書面のやり取りはしっかりと行うのは社会人としての常 識です。

また、現金でなくとも私募債という形で会社や事業に投資してもらう形にする方法もあります。いわゆる近親者に株主になってもらうという発想の方法ですが、私募債は運転資金の融資と同じ形を取ることができ、公的な資金調達の方法です。

小規模事業者でしたら金融機関へ借入を頼む前に、まずは近親者からあたってみましょう。

 

———————————————————

 

法人向け資金調達と公的融資・民間ビジネスローンの審査比較

法人の資金調達にはどの様な方法が?

企業して大変なのは「資金を調達」するという点にあります。良い商品を作ることが出来るとしても、資金がなければ、それを形にすることは出来ません。商品を形にする為には、資金が必要不可欠となります。それではどのように資金を調達していけば良いのかご説明します。

政府系金融機関

政府系金融機関というのは、日本政策金融公庫です。略して「日本公庫」と呼ばれてります。実績を持たない企業にとっては、強い味方となってくれるでしょう。民間の金融機関では、創業時に即融資を行うというのは難しいです。実績を持たない企業というのは、信頼に欠けてしまいますので融資を期待するのは厳しくなります。そこで利用するのが日本政策金融公庫です。

新創業融資制度を利用することによって、融資を受けるという形を考えていきましょう。この新創業融資制度というのは、自己資金が創業資金総額の3分の1以上であることの他に、数点の要件を満たしていれば無担保・無保証で融資を申込み、融資を受けることが出来ます。全く新しく知識を持たない段階で事業を展開するということになると、融資を受ける条件を満たさない場合もありますので良く確認した上で融資を検討されるようにしましょう。

信用保証協会(制度融資)

日本公庫からの融資を受けるのが厳しい場合には「信用保証協会」に保証人になってもらい、融資を受けるという形を考えていかれると良いでしょう。政府系金融機関では実績ではなく、経験が重要視されてしまいます。経験がないという場合には、信用保証協会に保証人になってもらい、民間の金融機関から融資を受けることが出来るのです。創業して事業に失敗したとしても、信用保証協会が金融機関に返済をしてくれます。その後に関しては、信用保証協会に借入金を返済していくという形です。

この信用保証協会は全国各地にあります。自治体によって融資制度にも違いがあったりしますので、お住まいの地域の自治体での信用保証協会について調べるようにしましょう。手続きの手順に関しては、信用保証協会から保証の承諾を受ける必要があります。承認を受けたのであれば、金融機関から資金を融資して貰えます。地域によって違いがありますが、個人と法人だと期間が違う場合があります。東京信用保証協会を利用する場合に、個人だと事業から1ヶ月以内、法人だと事業から2ヶ月以内などの要件を設けていますのでチェックするようにして下さい。

親族からの借入

資金を調達しようと考えた時に、真っ先に頭に浮かぶのが親族や知人から借入をすることです。この方法に関しては、気軽に利用しないのが得策です。書面に残さずに資金を調達してしまったら、脱税という扱いを受ける可能性があります。もしも親族からの借入を行うのであれば、金銭消費貸借契約書を作成しなければいけません。贈与とみなされないように書面を作成しましょう。そして利息などの契約内容についても明確に記載しなくてはいけません。返済は銀行口座を利用して、返済している証拠も残するようにしましょう。

法人向けの公的融資の審査書類と時間

法人向けの公的融資を受ける場合には、必要な書類を準備しておく必要があります。必要な書類を準備していないと、審査に通過出来ず融資を受けることが出来なくなってしまいますので気をつけるようにしましょう。

・借入申込書
・2期分の確定申告書、決算書
・最近の試算表
・法人の登記簿謄本

これらの書類は必要不可欠となります。借入申込書に関しては、日本政策金融公庫のホームページからダウンロードすることが出来ますので活用して下さい。これらの書類だけではなく、他にも見積書やカタログや図面などが必要になるケースがあります。これらが必要になるケースは、設備資金の融資を受ける場合です。設備資金が必要な法人の場合には、きちんと見積書やカタログ・図面は用意しておきましょう。そして不動産担保を提供する場合には、不動産の登記簿謄本、構図、固定資産の評価証明書が必要となります。不動産の登記簿謄本などは法務局、固定資産の評価証明書は地用村役場で取得しなければいけません。事前に用意しておきましょう。

書類を提出すれば、審査に通過するというわけではありません。書類を提出した後には、面談を行うという流れになっています。この面談で相手に良い印象を与えることが大切です。必要な書類などに関しては日本政策金融公庫の担当者から事前に連絡があります。面談時に必要な書類に関しては、担当者からきちんと話を聞くと良いです。出来る限り早急に融資を受けたいと考えられるのであれば、担当者からの説明を聞く前に用意しておくのが無難でしょう。
必要な書類としては様々ですが、税金などの領収書、総勘定元帳、法人の通帳、代表者個人の通帳、借入がある場合には借入の残高がか分かる物、小切手や手形手帳の控え、見積書、工事請負契約書、運転免許証などが必要となります。それ以外にも必要な書類があるかもしれませんので、日本政策金融公庫の担当の人にきちんと準備する書類を聞いておくようにして下さい。

必要な書類を用意して面談を行うという流れになりますが、面談では自分の会社をアピールしていく必要があります。自社はどのような商品・サービスを展開していき、他社との差別化などを説明しなければいけません。必要な書類だけを用意するのではなく、自社をアピールする為の資料などにも力を入れると効果的です。相手に分かり易く説明する時には、言葉だけでは足りないものが出てきます。相手にも分かり易く理解してもらうためにも、資料を事前に用意しておくと良いでしょう。面談を担当する者を説得するだけの材料を用意することが出来れば、融資を行って貰える確率が高くなります。融資を行うのは会社の規模だけではありません。経営する人の熱意なども伝える必要があります。自社の商品・サービスに対してどれだけの自信があるのかを面談の時にアピールして下さい。
面談を行って審査に関してはある程度の時間が必要となります。面dなん美からは最低でも1~2週間ほどの時間が掛かり、融資が行われるか決定されます。希望額通りに通らないという可能性もありますので、頭の中に入れておいて下さい。

民間のビジネスローンの利便性

企業を経営していく上で資金繰りは、常に考えていかないといけない問題です。資金がなければ事業を展開していくことも出来ません。新しいお店を出したいと考えていても、資金がないと開業することも出来ない。資金がどうしても必要な時には、民間のビジネスローンを利用も念頭に入れて行く必要があります。政府系金融機関や銀行の融資を受けたいと考えていても、融資を受けるまでには時間が必要です。そこでスピーディーに融資を受けることが出来るビジネスローンは便利な存在です。

ビジネスローンの利便性は、何よりも「対応が早い」という点が挙げられます。即日融資を受けたいと思っている方にとっては、他の方法ではあまりにも時間が掛かりすぎてしまいます。中には、即日融資を受けることが出来るビジネスローンなどもありますので利用してみては如何でしょうか。振込融資などを受ける事も出来ますので、利便性が高いというのも魅力でしょう。銀行融資は審査が厳しく、なかなか通過することが出来ません。その点、ビジネスローンであれば銀行融資などに比べると審査も低く設定されています。審査に通過する確率に関しても、可能性があると考えて置かれると良いです。銀行や他の融資方法の場合には、担保や保証人が必要となるケースがありますが、ビジネスローンの場合には不要です。それらを用意することもなく借りることが出来ますので、利便性という面においてはメリットが大きいと感じられるでしょう。

ビジネスローンは利便性に優れている反面、「金利が高い」・「限度額が低い」というデメリットも存在しています。他の融資方法であれば、金利が低く設定されていたり、金利がないというケースもあります。それらを利用しようと考えられている方にとっては、金利が高いというのはデメリットに感じられてしまうのではないでしょうか。限度額が低いというのもマイナスポイントとなります。資金が必要になるというのは、それなりに大きな金額が必要ということです。限度額が低く数十万円しか借入出来ないという可能性もあります。100万円以上の融資を受けることも出来るのですが、それは会社の規模によって変わってきます。

ビジネスローンを利用される時に1つ疑問に思われるのが「総量規制」です。総量規制によって個人が借りることが出来る金額は年収の3分の1と決められています。ビジネスローンを利用される時に、年収の3分の1以上の収入の融資を受けることが出来るのかと言いますと「可能」です。その理由は、総量規制には例外規定が設けられているからです。事業資金としての利用に関しては、総量規制の対象外となっています。もちろん事業資金として利用する書類も用意しなければいけません。確定申告書や事業計画書などです。これらの書類を提出するのであれば、総量規制の適応外という形になりますので問題なくビジネスローンを利用することが出来ます。ビジネスローンを上手く活用していきましょう。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

法人融資の借入としての会計処理ではなく、社長個人の与信で借りたい場合は下記の特集ページが参考になりました↓
社長・法人経営者の与信で個人のカードローンを借りるのは難しい?審査の実態を銀行員が明かす

トップページへ


当サイトは「法人融資ノンバンク.com」で検索

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも、買取金額枠の大きさと、誠実・安心さで一歩リードしているのが「資金調達プロ」です。

公開日:
最終更新日:2017/12/07