法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク情報局】で検索。

*

法人融資向けノンバンクで運転資金の借入

経営者にとって会社を維持存続させ、さらには業績を向上させるには、資金調達をどのように行うかがポイントになってきます。ましてや消費税が8%に増税され、今後もさらなる増税の可能性があるのではないかとも予想されるこの時期に、円滑な資金繰りを行うためには、資金調達をどのように行うかが重要な鍵になります。

資金調達というと一般的には融資という形で金融機関からの借入がイメージされますが、大手銀行の融資となると運転資金の融資のハードルが高くなる傾向にあります。

こうした実情を踏まえると、中小零細企業や個人事業主の経営者は大手銀行からの融資よりも地方銀行や信用金庫への借入が一般的となってしまい、金融機関以外からの資金調達を行った方が確率的には高いという現実があります。

※当サイトは「法人融資ノンバンク」を探してアクセスしてくる方が多いので、そのニーズを満たすために、
まずここで「法人向けノンバンク融資」を紹介しておきますね。

法人向け融資に強みのあるノンバンク・ビジネスローン3選

ビジネクスト

安心感と融資限度額の大きさならここ

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

大手企業のような経営基盤がある企業と中小零細企業や個人事業主とは、資金調達の環境が根本的に異なります。経営基盤が小さければ小さいほど、なお一層、資金調達が速やかに行える資金繰りや運転資金の借入、融資可能といった環境を作っておかなければならない時代になっているのです。

このサイトでは、経営基盤が盤石な大手企業などとは対照的な小さい経営基盤でも頑張っている経営者や事業家の人向けのコンテンツの構成になっています。中小や小規模事業者でも一企業であることには変わりなく、大企業同様のしっかりとした資金繰りが必要になりますが、その対策を日頃からしっかりと行っている経営者は少ない傾向にあります。

そうした経営者のためにもし、万が一資金繰りがショートしそうになった場合、どんな行動を取れば良いのか、また銀行から運転資金の融資を断られたらどうすればいいのか、金融機関からの借入以外に資金調達の方法はないのかというように「いざという時」に必要な知識から普段から行っておくこと、そして経営者としての観点まで網羅しています。

小規模事業者でも元気な会社を作るために、こうした予備知識を備えつつ、本業に勤しんでいただければと思います。

事業用ビジネスローンではなく、あなた個人の与信枠で借りることを検討したい場合は、フリーローン金利一覧表!上限金利の安い順番に並べてみました。という特集サイトで金利の低いところを探すのがおすすめ。

 

運転資金の融資、借入、資金調達、資金繰り 30項目

資金繰り復旧の手順
・出費・支出を最小限に抑える
・金融機関に連絡を入れる
・資金繰りを見直す
・売掛金のチェックをする
・支払のテクニック
・復旧計画を立てる

 

資金調達の優先順位
知人や親戚から資金調達する
日本政策金融公庫から資金調達する
制度融資から資金調達する
ノンバンクから資金調達する
信用金庫から資金調達する
銀行から資金調達する

 

運転資金申し込みの手順
・必要書類の作り方~申し込み
・資金繰り表を作ろう
・会社案内を作ろう
・事業計画書を作ろう
・経営改善計画書を作ろう
・融資申込書を作ろう
・融資までの日数を把握する

 

資金繰りのノウハウ
・資金繰りの前の必須の日常業務
・資金繰りのための月次決算をしよう
・資金繰りのための経費の見直しをしよう
・資金繰りは社長の仕事
・集客と資金繰りの関係
・お金の原理原則を知ろう

 

健全なビジネスと借金の関係
・日本企業の借金
・金融機関との付き合い方
・経営計画を立てる
・借金は悪か?
・経営者が持つべき観点

 

「ノンバンクからの融資・借入・資金調達・資金繰り」 TOP

会社を運営していくうえで、資金繰りが苦しくなったとき、借りる先としてまず候補に上がるのが銀行ということになります。しかし、銀行から借りるには事前の準備が必要になったり手続きが煩雑さであるため、躊躇する人も多いようです。

また、実際に、必要な書類など時間をかけて揃えて融資を銀行へ申し込んでも、待たされた挙句に断られたという経験のある人もいるかもしれません。銀行による融資の審査はかなり慎重に行われるため、けっこう時間がかかります。それに、ちょっとしたことで融資を断られることも多いのです。

そのため、緊急で資金を調達しなければならない場合は銀行へは申し込まずに、融資までにあまり時間のかからないノンバンクの事業者向けの融資を利用するというケースが多いようです。

しかし、融資までにあまり時間がかからないノンバンクへ融資を申し込むといっても、申込者に対する各金融機関による審査は必ず行われるので、事前の準備はある程度は必要となります。

特に、事業者向けの商工ローンの申し込みでは、計画性が重視されるので、手続きをスムーズに進めるためにも、普段から付き合いのある税理士などと相談して、準備を万全にしておく必要があります。そうすれば、素早く資金調達をすることができるはずです。

最近では、少額の融資ならば、金融機関の担当者と顔を合わせずにインターネットなどを通じて、手軽に申し込むこともできるようになってきました。利用者のさまざまな要求に応じて、さまざまな金融サービスが提供されているので、どのようなサービスが自分のケースにマッチしたものであるかを知ることが大事になってくるのです。

そして、うまく借入ができたあとは、返済のことも考えていかなければなりません。ここで、ノンバンクの場合は銀行などと比べて全体的に金利が高く設定されているので、短期間での返済を考えておく必要があります。

銀行の場合だと、長い時間をかけて返済していくことが多いのですが、ノンバンクの場合は、あまり時間をかけていると利息が膨らんでしまいます。

したがって、ノンバンクからの借入については、将来を考えての資金に投資するというよりも、いつまでの売上げを返済に回すといったような具体的な計画によって利用する、つなぎ資金として利用するほうが有効な利用法とされているのです。

ノンバンクから資金調達する

 

法人向け資金調達と公的融資・民間ビジネスローンの審査比較

 

法人の資金調達にはどの様な方法が?

企業して大変なのは「資金を調達」するという点にあります。良い商品を作ることが出来るとしても、資金がなければ、それを形にすることは出来ません。商品を形にする為には、資金が必要不可欠となります。それではどのように資金を調達していけば良いのかご説明します。

■政府系金融機関

政府系金融機関というのは、日本政策金融公庫です。略して「日本公庫」と呼ばれてります。実績を持たない企業にとっては、強い味方となってくれるでしょう。民間の金融機関では、創業時に即融資を行うというのは難しいです。実績を持たない企業というのは、信頼に欠けてしまいますので融資を期待するのは厳しくなります。そこで利用するのが日本政策金融公庫です。新創業融資制度を利用することによって、融資を受けるという形を考えていきましょう。この新創業融資制度というのは、自己資金が創業資金総額の3分の1以上であることの他に、数点の要件を満たしていれば無担保・無保証で融資を申込み、融資を受けることが出来ます。全く新しく知識を持たない段階で事業を展開するということになると、融資を受ける条件を満たさない場合もありますので良く確認した上で融資を検討されるようにしましょう。

■信用保証協会(制度融資)

日本公庫からの融資を受けるのが厳しい場合には「信用保証協会」に保証人になってもらい、融資を受けるという形を考えていかれると良いでしょう。政府系金融機関では実績ではなく、経験が重要視されてしまいます。経験がないという場合には、信用保証協会に保証人になってもらい、民間の金融機関から融資を受けることが出来るのです。創業して事業に失敗したとしても、信用保証協会が金融機関に返済をしてくれます。その後に関しては、信用保証協会に借入金を返済していくという形です。

この信用保証協会は全国各地にあります。自治体によって融資制度にも違いがあったりしますので、お住まいの地域の自治体での信用保証協会について調べるようにしましょう。手続きの手順に関しては、信用保証協会から保証の承諾を受ける必要があります。承認を受けたのであれば、金融機関から資金を融資して貰えます。地域によって違いがありますが、個人と法人だと期間が違う場合があります。東京信用保証協会を利用する場合に、個人だと事業から1ヶ月以内、法人だと事業から2ヶ月以内などの要件を設けていますのでチェックするようにして下さい。

■親族からの借入

資金を調達しようと考えた時に、真っ先に頭に浮かぶのが親族や知人から借入をすることです。この方法に関しては、気軽に利用しないのが得策です。書面に残さずに資金を調達してしまったら、脱税という扱いを受ける可能性があります。もしも親族からの借入を行うのであれば、金銭消費貸借契約書を作成しなければいけません。贈与とみなされないように書面を作成しましょう。そして利息などの契約内容についても明確に記載しなくてはいけません。返済は銀行口座を利用して、返済している証拠も残するようにしましょう。

法人向けの公的融資の審査書類と時間

法人向けの公的融資を受ける場合には、必要な書類を準備しておく必要があります。必要な書類を準備していないと、審査に通過出来ず融資を受けることが出来なくなってしまいますので気をつけるようにしましょう。

 

・借入申込書
・2期分の確定申告書、決算書
・最近の試算表
・法人の登記簿謄本

 

 

これらの書類は必要不可欠となります。借入申込書に関しては、日本政策金融公庫のホームページからダウンロードすることが出来ますので活用して下さい。これらの書類だけではなく、他にも見積書やカタログや図面などが必要になるケースがあります。これらが必要になるケースは、設備資金の融資を受ける場合です。設備資金が必要な法人の場合には、きちんと見積書やカタログ・図面は用意しておきましょう。そして不動産担保を提供する場合には、不動産の登記簿謄本、構図、固定資産の評価証明書が必要となります。不動産の登記簿謄本などは法務局、固定資産の評価証明書は地用村役場で取得しなければいけません。事前に用意しておきましょう。

 

書類を提出すれば、審査に通過するというわけではありません。書類を提出した後には、面談を行うという流れになっています。この面談で相手に良い印象を与えることが大切です。必要な書類などに関しては日本政策金融公庫の担当者から事前に連絡があります。面談時に必要な書類に関しては、担当者からきちんと話を聞くと良いです。出来る限り早急に融資を受けたいと考えられるのであれば、担当者からの説明を聞く前に用意しておくのが無難でしょう。
必要な書類としては様々ですが、税金などの領収書、総勘定元帳、法人の通帳、代表者個人の通帳、借入がある場合には借入の残高がか分かる物、小切手や手形手帳の控え、見積書、工事請負契約書、運転免許証などが必要となります。それ以外にも必要な書類があるかもしれませんので、日本政策金融公庫の担当の人にきちんと準備する書類を聞いておくようにして下さい。

 

必要な書類を用意して面談を行うという流れになりますが、面談では自分の会社をアピールしていく必要があります。自社はどのような商品・サービスを展開していき、他社との差別化などを説明しなければいけません。必要な書類だけを用意するのではなく、自社をアピールする為の資料などにも力を入れると効果的です。相手に分かり易く説明する時には、言葉だけでは足りないものが出てきます。相手にも分かり易く理解してもらうためにも、資料を事前に用意しておくと良いでしょう。面談を担当する者を説得するだけの材料を用意することが出来れば、融資を行って貰える確率が高くなります。融資を行うのは会社の規模だけではありません。経営する人の熱意なども伝える必要があります。自社の商品・サービスに対してどれだけの自信があるのかを面談の時にアピールして下さい。
面談を行って審査に関してはある程度の時間が必要となります。面dなん美からは最低でも1~2週間ほどの時間が掛かり、融資が行われるか決定されます。希望額通りに通らないという可能性もありますので、頭の中に入れておいて下さい。

民間のビジネスローンの利便性

企業を経営していく上で資金繰りは、常に考えていかないといけない問題です。資金がなければ事業を展開していくことも出来ません。新しいお店を出したいと考えていても、資金がないと開業することも出来ない。資金がどうしても必要な時には、民間のビジネスローンを利用も念頭に入れて行く必要があります。政府系金融機関や銀行の融資を受けたいと考えていても、融資を受けるまでには時間が必要です。そこでスピーディーに融資を受けることが出来るビジネスローンは便利な存在です。

 

ビジネスローンの利便性は、何よりも「対応が早い」という点が挙げられます。即日融資を受けたいと思っている方にとっては、他の方法ではあまりにも時間が掛かりすぎてしまいます。中には、即日融資を受けることが出来るビジネスローンなどもありますので利用してみては如何でしょうか。振込融資などを受ける事も出来ますので、利便性が高いというのも魅力でしょう。銀行融資は審査が厳しく、なかなか通過することが出来ません。その点、ビジネスローンであれば銀行融資などに比べると審査も低く設定されています。審査に通過する確率に関しても、可能性があると考えて置かれると良いです。銀行や他の融資方法の場合には、担保や保証人が必要となるケースがありますが、ビジネスローンの場合には不要です。それらを用意することもなく借りることが出来ますので、利便性という面においてはメリットが大きいと感じられるでしょう。

 

ビジネスローンは利便性に優れている反面、「金利が高い」・「限度額が低い」というデメリットも存在しています。他の融資方法であれば、金利が低く設定されていたり、金利がないというケースもあります。それらを利用しようと考えられている方にとっては、金利が高いというのはデメリットに感じられてしまうのではないでしょうか。限度額が低いというのもマイナスポイントとなります。資金が必要になるというのは、それなりに大きな金額が必要ということです。限度額が低く数十万円しか借入出来ないという可能性もあります。100万円以上の融資を受けることも出来るのですが、それは会社の規模によって変わってきます。

 

ビジネスローンを利用される時に1つ疑問に思われるのが「総量規制」です。総量規制によって個人が借りることが出来る金額は年収の3分の1と決められています。ビジネスローンを利用される時に、年収の3分の1以上の収入の融資を受けることが出来るのかと言いますと「可能」です。その理由は、総量規制には例外規定が設けられているからです。事業資金としての利用に関しては、総量規制の対象外となっています。もちろん事業資金として利用する書類も用意しなければいけません。確定申告書や事業計画書などです。これらの書類を提出するのであれば、総量規制の適応外という形になりますので問題なくビジネスローンを利用することが出来ます。ビジネスローンを上手く活用していきましょう。

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

安心感と融資限度額の大きさならここ

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

公開日:
最終更新日:2016/01/25