法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク.com】で検索。

*

運転資金の融資600万円の事例:零細広告代理店/中古自動車販売店

600万円 零細広告代理店

10年ほど前の話しですが、広告業を営んでいる私の会社の経営がかなり危険な状態に陥りました。
バブル期には自分で言うのも何ですが、かなり儲けさせていただいて羽振りも良かったのですが、バブル崩壊と共に失速し始め、経営を続けることが困難な状況に陥るほどにまで落ち込んでしまったのです。
不況が続くと広告費に投資できない会社が増えてしまったことが、私の会社の経営を逼迫させたのだと推測されました。
このままでは倒産してしまいかねないということで、新たに運転資金を投入する必要があったのです。

運転資金として必要な金額は色々予算を立ててみて600万円と試算しました。
そこでまずは最寄りの銀行に融資の依頼をしてみたのですが、結局融資は難しいとのことでした。
何が何でも運転資金を確保する必要があったので、より確実に融資してもらうために比較的審査が緩いとされているノンバンクに依頼することにしたのです。
今までにノンバンクのお世話になったことがなかったため、不安がなかったわけではありません。
でも、金利が思ったほど高くないということが一番安心できました。
無事に融資を受けることができ、その運転資金を投じて今後は一層ネット社会が広がることを見込み、インターネット広告の分野に本格的に参入したのです。

その読みは当たり、現在は当時では考えられないくらいの収益を得ることができています。
もしあの時ノンバンクからも運転資金を融資されなかったらどうなっていたのだろうと思うとゾッとします…。

 

600万円 中古自動車販売店

中古自動車販売業をしていますが、市場が飽和状態にあり、経営が難しくなってきました。
そこで、ノンバンクから運転資金として600万円を融資してもらいました。
この600万円の融資のおかげで、まだ経営を続けることができています。
銀行から融資を受けることができなかったため、本当にもう止めようと思いました。
しかし、知り合いに相談したところ、金利は高いがノンバンクも資金調達の一つの方法だと言われたのです。
私の頭の中にはノンバンクからの融資は微塵も無かったので、非常に戸惑いました。
ノンバンクは銀行よりも返済が厳しいというイメージが強かったので、選択肢から外していましたが、実際にローン会社とお話をしたところ、想像よりも金利が低かったです。
そして、融資までの手続きが簡単で、審査もそれほど難しいものではありませんでした。
すぐに資金を用意したいという時や、私のように銀行からの融資を断られた時には、ノンバンクからの融資も一つの方法だと思います。
また、無理のない返済計画を一緒に考えてくれましたし、必要に以上にお金を貸すといったこともしてきませんでした。
私が利用したところが良かったのかもしれませんが、非常にクリーンな印象です。
どのノンバンクもここまでクリーンであれば良いのですが、中には悪徳業者もあるので、やはり利用する際は十分気をつけた方が良いです。
しかし、それはノンバンクだけではなく、銀行にも同じようなことがいえます。
銀行の中には、必要以上に融資をしようとするところも中にはありますからね。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

法人融資の借入としての会計処理ではなく、社長個人の与信で借りたい場合は下記の特集ページが参考になりました↓
社長・法人経営者の与信で個人向けカードローンを借りる際の審査は厳しい?

トップページへ


当サイトは「法人融資ノンバンク.com」で検索

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

安心感と融資限度額の大きさならここ

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも、買取金額枠の大きさと、誠実・安心さで一歩リードしているのが「資金調達プロ」です。

公開日: