法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク.com】で検索。

*

資金調達の優先順位。知人や親戚、日本政策金融公庫、制度融資

   

知人や親戚から資金調達する

例えば、中小・零細企業や個人事業主などの経営者が、資金繰り改善のために運転資金の融資を受けようと銀行へ借入を起こすとなると審査などのハードルがどうしても高くなる傾向があります。また、取引高や残高の金額によって相談にも応じてもらえない場合もあるのが現実です。

ただでさえ経営基盤が小さい小規模事業者の場合、金融機関から資金調達をする優先順位を間違えてしまうと無駄な動きをしてしまい、時間ばかりを浪費させてしまうことになります。

そこで小規模事業者の資金調達を考えた時、特に大事になってくるのが、資金調達の優先順位です。

中小・零細企業や個人事業主の場合、運転資金の融資や借入をするとしたら、まず家族や親戚、知人や友人などの近親者に相談してみましょう。家族や親 戚の場合、先方の家計まで脅かすような借入が必要だとしたら金融機関からの借入に切り替えなければなりませんが、そうした多額の資金調達でなければ、金融 機関より先に近親者からの資金調達を考えてみましょう。もちろん、金銭消費貸借契約書や借用書などの書面のやり取りはしっかりと行うのは社会人としての常 識です。

また、現金でなくとも私募債という形で会社や事業に投資してもらう形にする方法もあります。いわゆる近親者に株主になってもらうという発想の方法ですが、私募債は運転資金の融資と同じ形を取ることができ、公的な資金調達の方法です。

小規模事業者でしたら金融機関へ借入を頼む前に、まずは近親者からあたってみましょう。

 

日本政策金融公庫から資金調達する

中小・零細企業や個人事業主といった小規模事業者にとって、資金繰りを安定させるための資金調達をする場合、銀行や信用金庫などの金融機関へ借入の 申し込みをするのが一般的と思われていますが、こうした民間企業の金融機関へ向かう前に、日本政策金融公庫へ相談に行ってみましょう。優先順位としては、 民間金融機関よりも先に相談に行くべきです。

日本政策金融公庫は、かつて国民生活金融公庫という名称の公的金融機関でした。政府が全額出資してできた公的な金融機関で法人から個人までの事業に関する融資や教育ローンなども受け付けている金融機関です。

運転資金の融資を考えた時、「融資といえば銀行などの金融機関」と発想してしまう経営者の人は、意外といるものです。しかし、日本政策金融公庫などの公的な金融機関から借入を申し込んだ方が、民間の金融機関と比較して資金調達の範囲に幅があることは確かです。

もちろん借入金額や条件にもよりますが、良識の範囲での融資に対しては、積極的に行わなければならない使命がこの金融機関にはあります。

また、地元の商工会議所などへ入会することで、日本政策金融公庫の紹介を受けやすくしてくれるケースがあります。商工会議所からの資金繰りや経営指 導を受けたり、法律相談を受けたりすることもできるので、もし経営者として日が浅く、経営の勉強や情報交換などをしたい要望があれば、こうした商工会議所 経由での運転資金の融資を申し込めるルートもあります。

 

制度融資から資金調達する

特に小規模事業者が運転資金の融資や資金調達をする際には、金融機関へ借入の申し込むことが一般的だと思います。ただ、金融機関の融資には大きく分けて二種類あることをご存知でしょうか?

一つはプロパー融資と言い、銀行の持っているお金を銀行の保証で融資するという金融商品のことです。そしてもう一つは、都道府県もしくは市がそれぞ れ管轄している保証協会付き融資というもので、借入をする際に信用保証協会という外部機関の保証を受けて借入を起こすというものです。

かつては、プロパー融資は大変ハードルが高いものでしたが、近年はビジネスローンなどの商品を銀行や信用金庫の金融各社が提供するようになりました が、多くの事業経営者は、後者の信用保証協会付きの融資で運転資金の融資を受けるのが一般的であり、また一定のまとまった金額を申し込むとしたらこの保証 協会付きの融資を申し込むと良いでしょう。

この融資は、法人の資金繰り安定から設備資金調達まで、様々な用途に応じた融資商品を扱っているのが特徴です。銀行や信用金庫の金融機関の窓口で申し込みを受け付けているので口座を持っている金融機関の窓口に問い合わせてみると良いでしょう。

また、保証協会付きの融資商品は、利息も低めに設定される傾向もあるので大きな資金調達が必要な事業を営んでいる会社には力強い味方になります。た だし、金融機関と保証協会の二つの審査があるので、資金繰り表をはじめとした経営計画はしっかりと説明できる準備をして借入申し込みに臨みましょう。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

法人融資の借入としての会計処理ではなく、社長個人の与信で借りたい場合は下記の特集ページが参考になりました↓
社長・法人経営者の与信で個人向けカードローンを借りる際の審査は厳しい?

トップページへ


当サイトは「法人融資ノンバンク.com」で検索

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

安心感と融資限度額の大きさならここ

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも、買取金額枠の大きさと、誠実・安心さで一歩リードしているのが「資金調達プロ」です。

 - 運転資金調達・資金繰りの知恵