法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク.com】で検索。

買い物弱者ターゲットの移動販売に、地域活性化の期待

   

師走に入り年末年始の準備で消費も活発になる12月12日、イトーヨーカ堂は岩手県に初となる「イトーヨーカドーあんしんお届け便」を花巻市で開始すると発表した。これは、4トントラックに食料から日用品など生活に密着した商品をのせて、市内5地区の25カ所を巡回する移動販売だという。

同社が手がける移動販売の5例目となる。1回あたりの停車時間は30分ほど。価格は実施店舗であるイトーヨーカドー花巻店の店頭価格と同じで、ガソリン代や人件費の上乗せはないというから良心的だ。取扱商品には肉・魚・野菜といった生鮮品、牛乳・卵・弁当といったデイリー食品、アイスクリームなどの冷凍品や飲料・菓子・調味料といった加工品、さらにトイレットペーパー・洗剤などの日用雑貨と肌着などの衣料品があるという。買いに行きたくても店舗には行けない、行きにくい人たちにはうれしいニュースだろう。

これは、同社における高齢者の買い物支援の一つとして位置づけられている。少子高齢化が進む中で、このように買い物弱者をターゲットとした営業は、移動販売だけでなく食料品や日用品のカタログ販売や弁当の宅配など取り扱うものもその方法もさまざまなものが出ており、今、勢いがあるサービスの一つである。

このイトーヨーカ堂のケースは高齢者をターゲットにしているが、もちろん老若男女、誰が利用してもよい。核家族化により産後すぐから家事を始めざるを得ない産褥(さんじょく)期の女性や、つきっきりの介護をしている介護者など。インターネットや紙媒体を使用し、食料品や日用品の販売を行っている所は多いが、チラシを見る時間がない人や、ちょっとした息抜きに短時間だけ家の外に出たいという人に移動販売はぴったりである。実際、商品を手にとって購入できるというメリットも見逃せない。

買い物弱者とは、買い物に行きたいけれども行けない人。心の中に「買い物を楽しみたい」という気持ちを持っていることも多い。この移動販売は、必要なものが自宅に配達されるのとは違い、買いたい人が出てくるしかない。そのため、家にこもりがちな人が外に出る機会になることが予想される。さらに、近所の人が集まることで自然に情報交換などの交流が生まれることを期待するのはむちゃだろうか。

まだ、事業としては実験段階のようにも見えるが、移動販売というスタイルは、ひょっとしたら利用者の買い物支援という本来の目的に加え、それ以上のものを地域にもたらすかもしれない。

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

 - 景気動向・経済ニュース