法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク.com】で検索。

*

三重県での資金調達/銀行融資よりノンバンク借り入れ

三重県の有力産業・商工業・農林水産業

三重県の産業について、まずは農林水産業を見て行きましょう。三重では伊勢茶の名で知られる茶の栽培が盛んです。緑茶の栽培面積・生産量・生産額、いずれにおいても、静岡県、鹿児島県に次いで全国で第3位の数字を誇っています。特に、「京都産」とされている抹茶について、実際には京都市が産地ではなく、その大半が当県で生産されています。その後京都の宇治市にて製茶していることが多くなっています。伊勢茶についても、行政支援の対象製品に認定され、三重ブランドとして広報されています。また、広大な伊勢平野を抱えており、そこでの米の栽培も盛んになっています。そのほか、 東紀州において蜜柑の栽培が盛んになっています。当県の茶の産地は、旧伊勢の国、その全域に広がっています。

大きく分けると、鈴鹿山麓に広がる北勢地域、台高山脈に広がる南勢地域が主なものとなっています。茶の中でも主として煎茶を生産しています。また、地域によって茶の種類は微妙に異なっており、北勢地域ではかぶせ茶、南勢地域では深蒸煎茶などとなっています。中でもとりわけ、四日市の水沢地区には茶畑が多く見られます。水沢地区における茶の栽培農家数を見てみると、全農家のうち、9割を超える農家が、茶栽培を行っているほどです。その他、農産物としては松阪牛が有名です。松阪牛は、全国各地から黒毛和種の子牛を集め、それを三重県の松阪市及びその近郊で肥育されたものとなっています。品種としての呼称ではない点に、注意が必要です。松阪牛は日本三大和牛の1つにも数えられ、「松阪牛」という単語そのものが、高級牛肉とイコールの意味を持っていた時期もありました。

次は商工業について見ていきます。当県は、都道府県別の工業製品出荷額では10位に位置しており、東海地方の工業の中心的存在となっています。中でも、四日市市の石油化学コンビナート、いわゆる四日市コンビナートの名は全国的に知られています。その他、本田技研工業鈴鹿製作所が鈴鹿市にあり、いなべ市にはトヨタ車体といったように、輸送用機器の製造品出荷額が割合として最も高くなっています。その他、津市のユニバーサル造船では造船を、JFEエンジニアリングでは横浜ベイブリッジを手がけるなど、有名な鉄鋼製品を出荷しているのも特徴です。これらに加えて、近年は電子デバイス関連の製品が多く生産されています。2000年以降になって、東芝、富士通の半導体工場、シャープの液晶工場に対して、大規模な投資が行われました。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

法人融資の借入としての会計処理ではなく、社長個人の与信で借りたい場合は下記の特集ページが参考になりました↓
社長・法人経営者の与信で個人向けカードローンを借りる際の審査は厳しい?

トップページへ


当サイトは「法人融資ノンバンク.com」で検索

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

安心感と融資限度額の大きさならここ

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも、買取金額枠の大きさと、誠実・安心さで一歩リードしているのが「資金調達プロ」です。

公開日: