法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク.com】で検索。

*

ノンバンク低金利で借入の利息と有担保ローン 無担保ローン

   

ノンバンクからの借入と利息について

会社を経営するうえで大事になるのが、キャッシュフローを把握しておくということです。
普段からキャッシュフローがきちんと把握できていれば、会社を経営するうえで、どこが問題になっているかがよくわかります。
会社経営の問題点がよくわかっていると、その改善にもいち早く取り組むことができ、改善そのものもスムーズに進みます。
ところが、仕事の忙しさからキャッシュフローの把握にまで気が回らないでいると、いつのまにか資金繰りがうまくいかなくなっていたというケースが多くあるのです。
資金繰りがうまくいかなくなると、会社経営はいずれ破綻してしまいます。
だから、そのような状態になる前に、急きょ改善策を考えて事業融資を考えることになるわけです。
そして、こういったときには、利息の安い公的資金の投入を考えるのが常道です。
でも、いよいよ資金繰りに追い込まれてからでは、公的資金の投入のみならず、銀行の融資なども審査に時間がかかるため、面倒臭くなって、すぐに融資が可能なノンバンクからの融資を考えることが少なくありません。
ノンバンクからの借入を申し込むと、即日審査などもあるため、申し込んでから数日での融資を受けることができ、急遽融資を受けたいときはたいへん有効です。
ただし、資金繰りに追い込まれてからの利用では、キャッシュフローの改善なども課題となってくるため、高い利息をどのように支払っていくかという部分の問題が残ります。
つまり、先の返済のことまでよく考えないで借りてしまうケースが意外と多いということです。
ノンバンクといっても、利息を抑えて貸付けを行っているところもあるので、こういったときは、せめて金利の低い、利息のあまりかからないサービスを探すといったことくらいには気を回すべきでしょう。

ノンバンクからの低金利での借入に注意

ノンバンクからの借入は、銀行からの融資を断られてしまったり、銀行の融資は時間がかかるので待てないというときに利用することが多いのですが、いざというときに利用して助けられたという人は多いかもしれません。
もちろん、その便利な分に代わるリスクとして、銀行の融資などと比べると高金利であるという部分があります。
だから、ノンバンクを利用するときは、あらかじめ緊急時のときのみと決めておくことが必要になるかもしれません。
いつも金利の高い融資ばかりを利用して、無駄にお金を使う必要はないのですから。
しかし、ノンバンクが提供している金融サービスには、じつにさまざまなものがあり、探してみると、低金利で提供されているものも数多くあります。
ただ、この低金利での融資というのは、多くの場合は落とし穴になっており、闇金などの悪徳業者が絡んでいることも多いのです。
悪徳業者の融資の場合、まず低金利を謳っており、しかも早い審査で数百万円から数千万円といった融資が可能といった話になっています。
しかも、あまりにうまい話では警戒されるために、連帯保証人と不動産担保などがあれば金利は自在に抑えられるといったしくみを掲げていたりするのです。
そのような話を見つけた場合、まず確認したほうがよいのが、大手の業者であるかどうかです。
初めて聞くような名前の業者ならば、まず疑ってかかるほうがいいでしょう。
しかし、いずれにしても、きちんとした業者から短期間での借入となるよう、計画をたてて利用することを、第一に考えるようにしなければなりません。

ノンバンクからの借入についての利息の特徴

ノンバンクの事業者向け融資には、無担保のものと有担保のものがあります。
その違いは、利息といったものにも大きく関わっていきています。
無事業者向けの無担保での融資は、短期でお金を借りるケースに多く利用されます。
審査に必要な書類なども有担保の場合よりも少なくて済みますが、融資金額については少額となるのは仕方ないことかもしれません。
有担保の事業者向け融資は、住宅ローンをはじめとした長期での借入のケースで利用されることが多く、融資金額も多額になります。
担保が必要になるぶん、無担保での融資よりは必要書類なども多くなります。
しかし、借りる側にとってのいちばんの関心事は、利息といったことになるでしょう。
事業者向けの融資を申し込むときは、用途に合わせて選ぶといぅことが鉄則です。
とくに、有担保での融資を申し込むときの担保については、借入れが返せなくなったときに備えて同等の担保を提供しなければならないとなっているので、決心する前に慎重に計画を立てる必要があります。
有担保の融資の場合、将来にかけて長期の返済となるため、まだどうなるかわからない未来のことも意識して契約するわけなので、不安も多いでしょう。ある程度、将来起きそうな出来事も想定して計画を立てなければなるかもしれません。
勇気のいる決断を強いられることにもなるのです。
そこで、長期での融資については、確実に高い利息になるケースはなるべく避けたほうがいいということになるでしょう。
止むを得ず最初のうちに利用して、すぐに銀行など金利の安い金融機関のサービスに乗り換えることを考えるのが賢い利用法といえるのです。

ノンバンクからの無利息での借入とは

ノンバンクからの借入には、事業者向けの借入のほかにも、一般消費者向けの借入というものがあります。
チラシなどでよく目にするのが、この一般消費者向けの借入です。
一般消費者向けの借入の場合は、融資金額が低額なのが特徴となっています。
一般消費者向けの借入の場合、ほかにも利用目的を問わないといったことになっているのも特徴です。
事業者向けの借入の場合は、利用目的が事業用資金と限定されているため、区別するのは容易でしょう。
それに、最初から、利用目的として、たいていの場合は事業用資金を除くといったことが謳ってあります。
この一般消費者向けの借入の場合、無利息で借りられる場合があります。
これは、1週間で返済できる場合、1カ月間で返済できる場合といったように、すぐに返済できる予定などがある場合などに利用できるものです。
初 めてノンバンクの金融機関を利用するといった人に対して、無利息キャンペーンなどとして提供されているサービスですが、最近では、1週間内に完済できた り、1カ月以内に完済できると、また次の1週間、1カ月間に無利息での借入が利用でき、またそれを繰り返すことができるといったサービスにもなっていま す。
こうしたサービスは、これをきっかけに、ほかの金融サービスも利用してほしい、あるいはほかの人にも宣伝してもらって利用してほしいといったことからはじめられたもののようです。
このサービスの条件としては、利用限度額が低く設定されているというところですが、いろいろな利用の仕方ができるので、何かのときの視野に入れておくといいでしょう。

ノンバンクからの有担保での借入

ノンバンクを利用するとき、事業資金としての融資を銀行や信用金庫などに断られたという人も多いかもしれません。
すでにほかの金融機関から融資を受けていて、その返済がまだ済んでいないということであれば、担保がないと断られるケースも多いようです。
ノンバンクは、銀行や信用金庫などと比べると、無担保でも融資を行ってくれることが多いのですが、まだほかの金融機関の返済が残っているというときは、返済できないときの補填として担保を要求されることがあるようです。
ノンバンクから融資してもらうときの担保としては、有価証券や不動産などがメインとなっています。
ただ、担保については、それぞれの業者の得意とする分野などがあるため、自分が用意できる担保を扱っているのか、最初に業者に確認してみなければなりません。
とくに、不動産担保を用意しているという場合は、特定の地域の物件しか認めないというようなところもあるようなので、注意が必要です。
もし、扱っている地域が違うために融資を断られたときは、その地域の物件を得意としている業者を見つけるなど、1件だけで諦めずにほかの業者を探してみることも考えてみましょう。
また、ノンバンクは金融機関の店舗まで行かずに、インターネットなどで融資の申し込みができるのが大きなメリットとなっていますが、不動産を担保とした場合は、不動産の内容を説明しなければならないため、店舗まで足を運ばなければなりません。
それに、その不動産の価値を調べてもらう必要があるので、審査に時間がかかることになるので、そこは頭に入れておく必要もあるでしょう。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

法人融資の借入としての会計処理ではなく、社長個人の与信で借りたい場合は下記の特集ページが参考になりました↓
社長・法人経営者の与信で個人向けカードローンを借りる際の審査は厳しい?

トップページへ


当サイトは「法人融資ノンバンク.com」で検索

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも、買取金額枠の大きさと、誠実・安心さで一歩リードしているのが「資金調達プロ」です。

 - ノンバンク融資利用で経営資金調達・借入