法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

当サイトは【法人融資ノンバンク.com】で検索。

*

ノンバンクからの資金調達の利点と限界。つなぎ資金は?

   

ノンバンクからの資金調達の利点

ノンバンクを利用して資金調達を行うとき、その便利さのあまり忘れてしまいがちになるデメリットのほうもきちんと押さえておくことが必要です。
ノンバンクを利用するメリットとしては、緊急の場合に対応してくれることが挙げられ、デメリットとしては金利が高いということが挙げられます。
事実、ノンバンクから融資を受けて、金利が高いためにあとでの返済に困ったという話はいくらでもあります。
しかし、改正貸金業法の施行、あるいは金融業界の再編以来、ノンバンクの金利は下降傾向にあり、返済も以前よりはかなり容易になってきています。
そのことで、ノンバンクを利用する人は多くなってきています。
ただし、ノンバンクでの一般消費者の借入や企業の融資が容易になってきたからといって、どんなケースにも対応しているわけではありません。
かえって、借りるための条件は限定されてきているといってもいいかもしれません。
その条件をきちんと把握したうえで利用しないと、やはり返済において苦労するのです。
しかし、ノンバンクを上手に利用することで、お金を上手に使うことができるようになったことは事実です。
たとえば、緊急の場合の会社の運営資金などの調達です。
緊急に、経費の支払いや買掛金の処理などで運転資金が必要になった場合、ノンバンクを一時的に利用するといった方法があります。
銀行や信用金庫の融資を待っていては審査に時間がかかるため、資金繰りの改善に間に合わないことがあります。
そこで、多少金利は高くても、ノンバンクを一時的に利用するというものです。資金繰りが改善されたあとは、次回の入金ですぐに返済するようにしないと返済には余計な負担がかかるようになります。

ノンバンクからの資金調達の限界

ノンバンクからの資金調達は、使い勝手の良いフリーローンなどを使うことで、さまざまなケースでの資金繰りの改善に効果が発揮されます。
融資を受けた資金をどのような形で利用しても良いということはとても強みにはなりますが、あまりそのことばかりに気を奪われていると肝心なことを忘れがちになります。
つまり、借りたお金は必ず返さなければならないということです。
銀行をはじめとする金融機関が融資をしてくれない場合というのは、返済できない可能性があると見られているということに尽きるのです。
そ れでも、自分で今後の売上などを予測し、確実に返済できる自信があればノンバンクのフリーローンなどを検討することになりますが、これを利用するときは、 きっと返していけるといった気持ちということではなく、返済についてのきちんとした具体的な計画がなければなりません。
近年では、事業資金に関わらず、個人への融資についても、銀行や信用金庫から受けられるというサービスが増えてきていますが、やはりその場合も、確実に返済できることが条件になってきます。
個人で借りる場合は、勤続年数や年収といった条件が重要視されていて、審査もかなり慎重に行われます。
事業資金の融資を受ける場合は、借入の上限金額が低く設定されていたり、他社からの融資額がどれくらいあるかが大きく影響したりします。
つまり、無担保でフリーローンとして借りられる可能性はかなり低くなっているのです。
ノンバンクの場合、個人で借りる場合でも事業資金として借りる場合でも、フリーローンを提供している会社は多く、借入の上限金額も銀行や信用金庫よりも高くなっていますが、そのぶん金利のほうが厳しくなっているので、この部分を忘れて利用してはいけません。
金利のことを考えるということは返済について考えるということであり、きちんとした返済計画を立てたうえで利用するということです。

ノンバンクからの資金調達の対象

会社経営において資金繰りがうまくいかず、急に資金を調達することが必要になったとき、ノンバンクからの資金調達を考えることがあります。
とくに、零細企業や個人事業主が銀行に融資を申し込んでも、融資を断られてしまうケースが数多くあるため、急ぎでの融資に対応してくれるノンバンクはありがたい存在となります。
会社経営では、商品の仕入から経費の支払い、買掛金の決済など、いろいろな場面で資金が必要になります。
ただし、売上げた資金を実際に回収できるタイミングが後になって、仕入や経費、買掛金の決済の支払いが先になってしまうことから、運転資金が不足するケースが多々あるのです。
事業によっては、季節的に売上の変動が大きくなる場合があったりするため、資金融資を受けるときは、経営事情などを金融機関へ説明する必要があります。
しかし、運転資金の融資の場合、銀行などでは運転資金について細分されていて、その範囲内でないと資金として貸し出しが行われないケースが多々あるのです。
つまり、融通を利かせてくれることがなく、そういった場合は融資を断られてしまいます。
会社としては、一時的な資金不足なので、それを補う手段が必要であり、早く解決して経営を安定させたい気持ちがあります。
そこで、ノンバンクを利用することになるのですが、ノンバンクの場合、フリーローンという使用用途を選ばない借入のできるサービスがあります。
銀行に断られた資金の使い方でも融資を受けることができるので、事業主にとっては嬉しいサービスとなっています。

ノンバンクからのつなぎ資金の調達

会社を運営していくうえで必要になる運転資金のなかで、とくに短期間に必要になるものをつなぎ資金といった呼び方をしています。
最近、銀行では、このつなぎ資金の融資を行わない傾向が強くなっています。
とくに、開業資金を同じ銀行で融資してもらっていたりしていると、運転資金としてつなぎ資金まで融資してもらうことは難しくなります。
また、たとえつなぎ資金の融資が行なわれても、いろいろと制約が設けられたり、たいへん受けにくいケースが多いのです。
そもそも資金不足が起きないように、事前に決済の方法などについての条件をきちんと決めておけばつなぎ資金の調達などは必要とならないのですが、途中でトラブルなどが生じてしまうと予定も狂ってしまうので、会社運営では仕方ない部分もあります。
しかし、銀行でのつなぎ資金の調達が困難になっている今日、ノンバンクからのつなぎ資金の調達には期待が寄せられています。
もともとノンバンクからの融資は使途を問わないということがあるため、利用しやすく、手続きも簡単であり時間がかかりません。
また、場合によって、金額についても1000万円までの融資が可能といったこともあり、かなり融通が利くようになっています。
でも、やはりネックとなってくるのは金利ということになるため、その部分は万全の準備をしておかなければなりません。
無計画なまま融資を受けてしまうと、返済がうまくいかずに余計に資金繰りが苦しくなる可能性があります。
とくに、他社からの借入などがいろいろある場合は、きちんと資金の管理をせずずさんなままにしていると、最終的には資金繰りのために倒産ということにもなり兼ねないのです。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

法人融資の借入としての会計処理ではなく、社長個人の与信で借りたい場合は下記の特集ページが参考になりました↓
社長・法人経営者の与信で個人向けカードローンを借りる際の審査は厳しい?

トップページへ


当サイトは「法人融資ノンバンク.com」で検索

ネットで申し込み可能な法人融資ビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも、買取金額枠の大きさと、誠実・安心さで一歩リードしているのが「資金調達プロ」です。

 - ノンバンク融資利用で経営資金調達・借入